おでかけピッケ & おへやでピッケ

「おでかけピッケ」、「おへやでピッケ」は、病気をもつ子どもたちやそのきょうだい・家族に向けた、iPadを使って絵本づくりをするプログラムです。

iPadを使うことで、ベッドの上でも、身体を動かしにくい子どもも、気軽に自分だけのお話づくりを楽しむことができます。普段、入院生活や病気の治療などで自由な活動が制限されがちな子どもたちも、お話の世界に入るといきいきした表情を見せてくれます。

2013年より、スタッフがイベントや小児病棟などに「おでかけ」して、みんなで絵本づくりを楽しむワークショップを行っています。新型コロナウィルスの影響で、訪問しての活動が難しくなった2020年度は、オンラインでワークショップを行ったり、iPadやつくりかたの冊子の貸出を行う「おへやでピッケ」も実施しています。

*「ピッケ」の活動は、使用するiPadアプリ開発者の朝倉民枝さんにご協力いただき実施しています。使用アプリ「ピッケのつくるえほん」について、詳しくはこちら

*2019年度、2020年度の「おでかけピッケ」「おへやでピッケ」の活動は
公益財団法人ノエビアグリーン財団より助成を受けて実施しています。

イベントについてはこちら
イベントカレンダーはこちら